海外の参考デザインまとめ記事

デザイナーの植村です。


Webデザインをする時に手軽にインスピレーションが得られる

海外のサイトをいくつか紹介します。


ただ、Webデザインだけでなく、

紙媒体やタイポグラフィを扱ったサイトも含みます。


Webデザインをしていて、マンネリ、スランプに陥ることは多々あると思うので、

こういったサイトは非常にありがたいですね。



1.dribbble

http://dribbble.com/


「制作途中の作品をあげられるサイト」です。

優れた海外のデザインが無数にアップされていて、

一日中見ていられます。


デザインのインスピレーションを得たいときは、

一つの作品を丸々見てしまうより、

こういった断片を見る方がいいかもしれません。


アップできる作品は、12万ピクセル以内に限定されています。

文字数制限のあるTwitterと同じような感覚ですね。

英語サイトですが、見る分には特に支障ないと思います。




2.typographicposters

http://www.typographicposters.com/


優れたタイポグラフィのポスターが

大量にアーカイブされている貴重なサイトです。

チョイスも完璧ですし、サイト自体の背景色を切り替えられる点など、

クリエイティビティをひしひしと感じます。

個別ページに飛ぶと横スクロールになっているのも

こだわりを感じてしまいます。


タイポグラフィを大胆に取り入れたWebサイトも最近はよく見ますし、

文字のかっこいい見せ方など非常に参考になるのではないでしょうか?

グラフィックデザイナーさんにももちろんオススメです!




3.Think Minimal

http://cssboulevard.com/


Webサイトに限らず、ミニマルで美しいデザインがまとめられています。

ちなみにミニマルとは…


ミニマル(英: minimal)とは、「最小限の」という意味である。

ミニマリズムとは美術・建築などの造形芸術分野において、

1960年代のアメリカに登場し主流を占めた傾向、

またその創作理論であり、最小限(Minimal)主義(ism)から誕生し、

必要最小限を目指す手法である。装飾的な要素を最小限に切り詰め、

シンプルなフォルムを特徴としている。


Wikipedia


と、あります。いつの時代も普遍的なミニマルデザインは、

もちろんWebサイトにも応用可能です。

Webデザインではタイポグラフィと組み合わせるのが効果的と思います。


※「CSS boulevard」というサイト名に改めたようです。




どうでしたか?いずれも英語のサイトですが、

閲覧するにあたって特に難しい事は無いと思います。


デザインをしていて壁にぶつかった時、

小休止も兼ねて、気軽に見てみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

Copyright©2004- 2013 海外のホームページ作成|㈱メディアウェイブ All Rights Reserved.