無劣化で画像を圧縮できるツール

デザイナーの植村です。


Webサイトの制作をされている方ならご存知の方も多いと思いますが、

ユーザビリティ用語で「2秒ルール」というものがあります。

リンクをクリックした後、ページが全て表示されるのは2秒以内であるべき

という考え方です。


このようなルールがあるくらい、ユーザーはせっかちです。


ではページの表示速度を上げるためには、何を改善すればよいのでしょうか?

サーバーの見直しももちろんですが、一番手っ取り早いのは「画像の圧縮」です。


そんな時、以下のようなツールが役立ちます。


1. JPEGmini

http://www.jpegmini.com/main/home

jpeg画像を無劣化で圧縮できるWebツールです。

画像によって圧縮率は変わりますが、

最大で5分の一まで圧縮できるそうです。




2. PNGGauntlet

http://pnggauntlet.com/

PNG画像を無劣化で圧縮できるツールです。

こちらはダウンロード型になります。

データに含まれる画像以外の情報も取り除けるようです。




デザイン系のソフトで画像を書き出す際、

圧縮率を指定できますが、

それでも更に容量を絞りたい場合(尚且つ画質を落としたくない場合)、

是非オススメです!



番外編として、無駄の多いCSSを圧縮してくれるWebツールもあります。


3. CSS COMPRESSOR

http://www.csscompressor.com/

試してみたところ、確かに圧縮されましたが、

若干スタイルが変わってしまった部分がありました。。

細かい設定ができるので、設定次第では回避できたのかもしれません。



以上になります。

ページの表示速度を計測するツールもありますので、

また後の機会に紹介させて頂きます。

コメントを残す

Copyright©2004- 2013 海外のホームページ作成|㈱メディアウェイブ All Rights Reserved.