国民参加型!! オリンピック応援アプリ


初めまして。Media Waveでインターン生として

勉強させて頂いている、石黒です。


私が、業務の中で感じたことや、
メディアのニュースでピンときたこと等を
ピックアップしていこうと思います!!


さて、先日まで街中を賑わせていたオリンピックも終わりましたね。
なでしこJAPANの試合や、内村航平選手の演技には圧巻でした。


そんな中で、オリンピックの試合中継を見ていると、気になるCMを発見しました。


NTT docomoとJOC(日本オリッピク委員会)がコラボでやっていた「1億2500万人の大応援団」キャンペーンです。


docomo1

http://daioen.jp/app/


どういったものかと言うと、専用のアプリを起動させて

試合放送時間内に流れるdocomoのCM音声を読み込み

景品が当たるスロットにチャレンジができるというもの。



スロットの中のドコモダケが揃えば当選で、

ドコモダケの「金」「銀」「銅」をプレゼントしてもらえるキャンペーンでした。


docomo02docomo03docomo04


景品もとても可愛いのですが、このアプリの面白いところは、テレビだけではなく、

ソーシャルメディアを介して、オリンピックが楽しめるというところです。


アプリのなかに、同じ試合を見ている人たちと

twitterを介して交流ができるコンテンツが設けられています。

言わば、Web版スポーツバーといった具合でしょうか。


喜びや感動を共有できる場所と人がいることで、

目の前に人がいなくても、連帯感を味わえることが

このキャンペーンの魅力なのでしょう。


最近では、こう言ったテレビとウェブを駆使した、

ソーシャルビューイングが、他のテレビ放送にも反映されてきていますね。


例えば、昨年の第62回紅白歌合戦

NHK紅白というアプリを使って

視聴者からアーティストへメッセージを投稿できたり

逆に、アーティストからのメッセージが見れたりと、

従来の一方的な、ただの放送ではなく

視聴者とのコミュニケーションの場が創られていました。

kouhaku02

http://www9.nhk.or.jp/kouhaku/app/index.html


ソーシャルメディアの登場で、今までよりも、もっと

テレビが楽しくなる仕掛けが増えていきそうですね。

コメントを残す

Copyright©2004- 2013 海外のホームページ作成|㈱メディアウェイブ All Rights Reserved.