ミニチュア?ちょこちょこ動くかわいらしくもすばらしい映像


今回ご紹介するのは 南米ブラジルのリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で

毎年開催されているサンバカーニバル2011の様子を

逆ティルト撮影という技法で撮影した「The City of Samba」という作品です。

撮影技法に逆ティルト撮影という 特殊な撮影をしているので 実写ですが、

精巧なミニチュアがたくさん動いているような 映像になっています。

群衆や街並、電車なんかも 背景ともあいまってジオラマをそのまま

撮影した風になっていてとてもおもしろいです。


他の逆ティルト撮影の他の作品も

シカゴの街並


鉄道模型風


ユニクロさんのカレンダーの所にも

http://www.uniqlo.com/calendar/


具体的にはレンズの面と被写体の面が平行でない時、

普通は近いところや遠いところはピントが合いません、

しかしティルトシフトレンズ使って 被写体に対してレンズの像を結ぶ面を傾け、

被写体の面とレンズの面と映像面の3つが1カ所で交わるようにして、

撮影するとこのようになるらしいです。

ティルトシフトレンズ使った事ないですが、 一度は使ってみたくなりますね。

ディレクター仲田でした。


「The City of Samba」を作成したのはAD Studio

ディレクターKeith LoutitさんとJarbas Agnelliさんです。

AD_image

コメントを残す

Copyright©2004- 2013 海外のホームページ作成|㈱メディアウェイブ All Rights Reserved.